【東京通信大学】初級プログラミング演習Ⅰ:第6回

初級プログラミング演習1の第6回の備忘録です!

第6回

6共通、6-1選択は取っておきたいですね。次に、6-3選択かな。
6-2選択も落ち着いて、頭の中で何度もイメージして確認していけば、大丈夫だと思います。

この4問は、1発100点いけるひと結構いそうですね。

6共通 1位の人

これは、標準入力から”FirstName” “FamilyName” “ゴルフのスコア”が複数行取得できるので
その中で一番成績の良い人を表示するプログラムですね。

だったら、一番成績の良い(ゴルフは数値が少ないほうが成績が良い)人の数値と名前を表示します。

みたいな感じ。複数該当したら、名前を複数人表示
※名前等は、自分で今作ったので実際の課題とは異なります。

作戦

みたいにする人が多かったですね。
※私は構造体を使用しないでループ1回でゴリゴリ文字列結合したので、見ずらいソースコードに…

DATAという型みたいなものを自分で作ってます。
使い方は自分で調べてね~だけでは辛いので、とりあえず以下を実行してみてイメージ掴んでください

人名表示は、もう一度全データみないとかな…?

 

6-1選択 1位の人名

6共通の発展ですね!

みたいな感じになります。
あと、スペースがタブになってるところに注意ですね。

当たり前ですが、スコアは、4つの数字を足してあげれば良いでしょう。
タブは、\tですね。問題文の通り

こんな感じ…見ずらいかな?

6-2選択 すごろくと駒

問題文というか解説の意味が理解できないと辛いですね。

これは、2つに分けて考えないとですね!

1:最初の2行は、現在の駒の位置

2:次の2行は、何番目の駒を動かすか

【結果】
★1つ目を動かそう!
…1つ目駒(2マス目)にあるものを3マス目へ(3マス目には2つ目の駒があるので動かせない!)
…位置:2 3 6

★3つ目を動かそう!
…3つ目駒(6マス目)にあるものを7マス目へ(7マス目にはなにもないので動かせる)
…位置:2 3 7

みたいな感じ。



6-3選択 マルバツスタンプ

oxoxox
の並びで、「ox」か「xo」が何個使われているか?を調べます。
1つ前の記号と異なれば、oxもしくはxoということになりますね。

ただ、これだけだと100点取れません。
単純に1つ前の文字と比較するだけだと、oxoの並びを[ox]と[xo]で2回分と数えてしまうので。
※oxかxoの判定に入ったら、数を数えるのを次の文字では飛ばすとかしないとですね!

6-4選択 みなとハルカス

まぁ、これはGoogle等で調べたら良いのではないですかね。
C言語のソースコードとは限らないですが…

まとめ

  • 6共通、6-1選択は類似の問題のため取り組むこと!
  • 6-3選択も稼いでおきたいですね!
  • 6-2選択は、時間があれば挑戦で良いと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です