サーバ構築演習1~インストール失敗編~

こんにちは~

3年次3,4学期の「サーバ構築演習」ですが、インストールしていたら失敗したのでメモしておきますね。

※この記事の通りやると失敗する可能性がありますのでご注意を…

やること

  • VirtualBoxで仮想マシンを作成
  • CentOSをインストール(失敗!)

VirtualBoxの設定

まずは、VirtualBoxで仮想マシンを作成する必要があります。

※講義資料の通りにやっていきましょう。

仮想マシン作成

まずは、インストールしたあVirtualBoxをダブルクリックして立ち上げましょう。

新規アイコンをクリックしましょう
★RedHat★32bitしか選べず

 

RedHad64bitを選びたいのですが、32bitしか選べませんでした。

※同じ状況の人は、このあとのCentOSのインストールに失敗する可能性が高いので、注意してください。

 

メモリは、適当に2048(2GB)で良さそうです。
HDDの容量は、可変サイズにしておけば、後で増えても平気でしょう。
HDD容量は8GBで良いでしょう。
仮想マシンが出来上がりましたね。

VirtualBox設定

次は、作成したマシンに設定を行います。

設定ボタンを押しましょう
※システム:アクセラレーション~のエラー

 

システム:アクセラレーション ページ

システム設定ページのアクセラレーションセクションでハードウェア仮想化が有効になっていますが、このホストシステムではサポートされていません。仮想システムを起動するには無効にする必要があります。

 

上記のエラーが出ていて、OKボタンが押せない状況です。

BIOSで、「Virtualization Technology」を有効にする必要がありそうです。

※Win10で、Hyper-Vを有効にするときに設定するあれですね。

Windows 10 proでHyper-Vの有効化
https://laraweb.net/environment/6394/

Virtualization Technology (VT-X)を有効にするには
https://support.lenovo.com/ar/ja/solutions/ht500006

Microsoft Windows 10 Hyper-V の設定方法
https://ww2.frontier-direct.jp/qanda/index.php/archives/20963

ちなみに、BIOS設定を変更せずに進むと、以下のようになります。

ディスプレイ設定、「vBoxVGA」にするとエラーになりました。
VMSVGAに戻しました。
ネットワークドライバは資料通り「ブリッジアダプター」にしました
名前も自分のPCのデバイスに合わせました。
参考
ストレージ、CD設定を行います
CentOSのisoイメージを選びます
CDがマウントされました
起動を押しましょう
なんか起動しましたね。
「I」を押して、「Enter」を押しましょう。

はい、このあと真っ黒のまま進みませんでした。

BIOS設定等を変更する必要がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です