サーバ構築演習1 第3,4回~課題提出編~

こんにちは~

いよいよサーバ構築演習、第3,4回の課題提出に挑戦したいと思います。

前回記事(第3回,第4回)が終了していることを前提とさせていただきますね。※記事読むだけなら特に問題ありませんよ。

サーバ構築演習1 第3回~DNSファイル設定編~ サーバ構築演習1 第4回~ZONEファイル設定編~

事前準備

  • CentOS(Linux)からファイルを取り出す必要があります
  • WinSCPのインストールを行います(Windowsの人)
  • macOSの人はインストール不要の様です

Firewallコマンドの設定

場合によっては、Firewallコマンドが関係しそうです。

飛ばしてしまった場合には、再度実行してみましょう。

念の為・・・

WinSCPのダウンロード

参考 WinSCPダウンロードサイト

ダウンロードサイトを開いてくださいね。

※右クリック、新しいタブで開いたほうが良いかもです。

左下の緑のところのボタン
ダウンロードできたのでインストールしよう
これは、どちらでも。私はすべてのユーザ用にインストールにしました。
承諾を押しましょう
標準的なインストールを選択
コマンダーにしました
いよいよインストールスタート
すぐ終わります
まだ使わないので、チェックは外して完了しました。

結果の出力

zoneファイルの結果の出力

dig @localhost ns.zazi.zuzeの実行結果を提出したいので、ファイルに出力しましょう。

注意
自分で作ったzoneをdigコマンドで実行します。
この例は、wine.nom.zoneの場合
私の作った、zazi.zuze.zoneの場合です

結果ファイルの取得(準備)

IPアドレスの確認

ファイル取得が必要のため、CentOS(Linux)のIPアドレスを取得します。※windowsと同じなのかもしれませんが・・・

自分のIPアドレスを覚えておいてください

WinSCPの起動(WindowsOSの場合)

WinSCPを立ち上げてCentOS(Linux)に接続する必要があります。

とりあえず起動させましょう
出てきましたね
注意
左が自分のPC
右がCentOS(Linux)側です
「新しいセッション」を押したら、こんな画面が出てきます
こんな感じで設定してね。「保存」しておいたほうがいいよ
注意
ホスト名:先程調べたIPアドレス
ユーザ名:root
※ここは、絶対rootにしてください
右がCentOS(Linux)側です
ちなみに、保存ボタン押したら小さい画面出てくる。パスワードは保存しておいても良さそう。
設定保存したら、ログインしてみてね。
ログインしたら、右側にもなにか出てきますね

ファイル取得編(zoneファイル)※第4回用

ファイルはここにありますね。

/var/named/zazi.zuze.zone

※各自オリジナルのファイルが有るはずです。

取得方法(macOSの場合)

注意
IPアドレス:先程調べたIPアドレス
ファイルパス:zoneファイルが有る場所
最後の「スペース」と「.」これも必要です。
授業の説明の通り、自分のカレントディレクトリにコピーされてくるらしいので

取得方法(WindowsOSの場合)

ちょっと難しいですが、WinSCPの右側のフォルダのところをダブルクリックで進んでいきます。

「..」をダブルクリックするとひとつ上のフォルダに移動します。

メモ
困ったらとにかく”..”のところをクリックして、スタート位置に向かいましょう
/root/から「..」をクリック
“/”のフォルダから、”var”フォルダをダブルクリック
“var”のフォルダから、”named”フォルダをダブルクリック
“named”のフォルダから、zoneファイルを見つけて、右クリックからダウンロード
メモ
右クリックしてダウンロードです。
変な話、Windowsでファイル作って、CentOS(Linux)にファイル転送するという手も…
保存先は自由にどうぞ
メモ帳に・・・
ドラッグアンドドロップで開けますね。

ファイル取得編(digの結果)※第4回用

dig @localhost zazi.zuze.zone > dig_o_02.txt

のファイル「dig_o_02.txt」を取得しましょう

パスを指定しなかったので、ホームにありそうです。

/home/ryoma(ユーザ名)/dig_o_02.txt

取得方法(macOSの場合)

取得方法(WindowsOSの場合)

/home/ユーザ名/フォルダに、出力ファイルがありますね?多分

ファイル取得編(named.conf)※第3回用

第3回用に、こちらのファイルも拾っておきましょう。

場所は:etc/named.conf

※もう見たくないファイルかもしれませんね…

取得方法(macOSの場合)

取得方法(WindowsOSの場合)

/etc/named.confですよ

提出の仕方

周りの人の提出物を見てみましょう

既に提出されている方々の出し方を参考にしてみましょう!!

基本的には、取得したファイルをメモ帳で開いて、それを貼り付ければよいかと思います。

まとめ

  • 第4回用:zoneファイルの取得を行いました
  • 第4回用:digコマンドの結果ファイルの取得を行いました
  • 第3回用:named.confファイルを取得しました

やっと半分終わりましたね…メールサーバ作るんですよね?確か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です