サーバ構築演習2 第1,2回~MySQLインストール編~

こんにちは~

4学期が始まり、サーバ構築演習2もスタートしましたね。

※4学期にサーバ構築演習Ⅱブログやっている暇があるのか…!?

ちなみに、今回は1~2時間くらいかかりますかね。

画像は80枚位用意しました。

また、基本的には備忘録にしていきますので、詳しいことは講義でしっかり解説があるので、何度も見直しましょう。

やること

  • 第1,2回講義を聞く
  • 講義の通りコマンドを実行する
  • CentOSへSQLサーバのインストール
  • MySQL Workbenchのインストール
  • ホストPCからCentOSへの接続
  • 結果のログ等の確認

第1,2回講義を聞く

サーバ構築演習1を理解した上での「サーバ構築演習2」の講義のため、事前学習・事後学習はしっかりやりましょう。

SQLサーバのインストール

MySQLインストール

CentOSを立ち上げましょう

※サーバ構築演習1でやったことを思い出してくださいね。

コマンド実行
[y]を押しましょう
complete!
MySqlファイルを取得できたか確認
MySQLのファイルが出てきたらインストール成功ですね
MySqlをinfoで確認
講義みてね(infoコマンド)
講義みてね(infoコマンド)
MySqlをinstallコマンドでインストール
講義みてね(install)
講義みてね(install)
講義みてね(install)
complete
MySqlをsystemctlで有効化

各コマンドの意味は、講義聞いてれば(というかサーバ構築演習1でやったコマンドなので)仕事でシステム関係いじってる人は雰囲気はわかりますよね?(まったくの初見だと意味わからないかもですが。)

sudoなので、パスワードを求められたら、自分のログインパスワード入れてね
sudoなので、パスワードを求められたら、自分のログインパスワード入れてね
sudoなので、パスワードを求められたら、自分のログインパスワード入れてね

【重要】MySQLのパスワード設定(各個人で異なります)

↑これを打ち込んでね。
★ここよく読んで★

root@localhost:以降の文字が、各自の初期設定のパスワードになります

私の場合は、&wKAlrRBk4b_でした。

※アンダーバーを見逃していて、少し時間がかかりました…

※すぐ使いますが、一旦、メモしておいてください。

Enter Password:と聞かれます

とりあえず、パスワードを聞かれたら、先程の「&wKAlrRBk4b_」を入力してEnterを押します。

※ただし、皆さんのパスワードは異なりすので、先程確認したパスワードを入力してくださいね。

★パスワードが間違っていると、ERROR 1045~になります
★パスワードが正しいと「mysql>」が最後に表示されます
パスワード設定
exitで抜けましょう

my.cnfファイルの編集

nanoエディタです
●変更前
●変更後
保存:[ctrl]+[o] 終了:[ctrl]+[x]
systemctlコマンドでmysqldを再起動
mysqldです
稼働しているか確認
サービスのリスタート
MySqlに再度ログイン

さぁ、パスワードを聞かれましたね…どのパスワードかわかりますか・・・?※理解して定着するためにも、講義を何度か聞き直して見ることもおすすめします。

PassWord123!
ログインできましたか?

firewallの設定と確認

設定しないとね
設定しないとね

リモートログインの設定

ipコマンド

ここで、自分のIPアドレスを確認してください。

※私のは、192.168.3.13でした。

mysql側からの確認
パスワードを聞かれます。PassWord123!
PassWord123!を変更している場合は、自分のと置き換えてくださいね。
okとでるはず
データベースの確認
休憩しましょう

ホストPC側設定

ホスト側PCというのは、VirtualBoxをインストールしているPCのことです。WindowsやMacOSのことですね。

workbenchダウンロード

workbench

ダウンロードしましょう
OS合わせてね
no thanks~の方を選ぶと良いですね
インストール
インストール
ダウンロードしたらインストールですね
そのまま
そのまま
そのまま
そのまま
おわり
SQLサーバへの接続

WorkBenchを立ち上げましょう

+マーク

Hostname:CentOSのIPアドレス

Username:root

Password:「~123~」のやつ

各種設定
パスワードはこの画面から
Test Connection
動作確認
作った設定からひらく
画面が出る
コマンド打つ、雷マーク
そして、結果が出る
休憩して、もう少し頑張りましょう

スロークエリのログを取りたい※SQLサーバ側設定

my.cnfの編集2
再起動
world databaseのダウンロード、設定

World Database

Worldのデータベースダウンロード
Worldのデータベースダウンロードしたもの
解凍してね
Data Import/Restore
Import~を選んで、回答したファイル選んでね
右上:カラムの変更(右下のボタンが出てくる)
右下:StartImport
Import作業中
SQLコマンド
失敗の図
明示的に指定
実行できたが、2秒以内に終わる(講義の意図の現象が出せていないので生徒側としては、失敗)
Don’t Limitにして上げる必要がありそう
11秒位かかったね
★ログって・・・
11秒位かかったね
講義の通り(本当は、各自資料を読み解くということをしてほしいですが・・・)
/var/lib/mysql/slow_query.log
という名前で保存されているはず。
ファイル名が異なる場合は、演習中のファイル編集でタイポしています。
WinSCP等で、ファイルをダウンロードしてログを覗いてみてくださいね。
あと一息・・・
【追加】リモートログインの許可

講義外ですが、リモートログインの許可復活させました。

保存:ctrl+o

終了:ctrl+x

サーバ設定
注意

なにかパスワード聞かれましたが、CentOSのユーザのパスワードでしょう(多分)
とりあえず‥ログインできましたね

課題提出

ファイルであったり、ログを提出ですかね?何を提出すべきかは、よく確認してみてくださいね。

注意
rootでログイン
もしくは、一般ユーザを使って、WinSCPやsshでログインする事が良さそうです。 ※私は、rootでログインできるように解除してしまったので・・・

まとめ

  • SQLサーバのインストールを行いました
  • CentOSからSQLサーバにアクセスしました
  • 動作確認を行いました
  • 演習課題は、何を提出するのかよく確認してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です