【東京通信大学 】1教科あたりの授業内容について

こんにちばんは~りょーまです。
今回は、実際に1教科の授業は何をしているのか?についてお話したいと思います。

1教科にかかる授業って?

学校の資料によると

わかりそうで、わからないかもしれませんね。

単純に1単位8時間以上は確実にかかります。それを4年間で124単位…

改めて…

先の図の通り

  • 1教科(1単位)…「講義&小テストが8回分+単位認定試験」です。
  • 講義(1回分)…約1時間の授業を聞きます(目安:15分×4回分)
  • 小テスト(1回分)…30分前後かかります(60分くらいかかることも)
  • 1回分は、1時間30分位かかるでしょう。(もちろん1教科につき8回分必要です)
1学期あたり…

1学期に12教科(単位)を履修した場合…

「8回の講義&小テスト(1時間30分以上×8)」を12教科(単位)を実施しないといけません。

結構多い!!!

(全8回を消化できなくても、ある程度消化できていれば、単位認定試験を受けることは出来ます。)

1学期は、GWがあるので…お仕事がおやすみで時間が取れる人は、多めの履修(12くらい?)有りです。

授業以外に必要な時間

もちろん授業を聞くだけでは単位は取れないので、その他に必要なこと…

※授業聞く→小テストに突撃!のスタイルを確立している方もいるようです。

  • 事前学習(シラバスを見ると、事前学習「***について調べてみる」と言うようなことが書いてあります)
  • 授業中ノートを取ったり
  • ノートを後からまとめてみたり
  • 事後学習(シラバスを見ると、事後学習「***について調べてみる」と言うようなことが書いてあります)
  • 必要に応じて、授業を何度も聞く
  • 小テストの振り返りを行う(間違えた問題を検討する)
  • 再テストを受ける(2回目)
  • 再テストを受ける(3回目)
  • 先生(教授)に質問を行ったりする

「小テストの振り返り」、「再度小テストを受ける」の2点は絶対やりましょう。

※「3回中の最高得点」が、成績になるので高得点をとることが、単位取得に繋がります。

レポート等がある授業

 他には、以下のような課題が出る場合があるので、シラバスを事前に見ておきましょう。

  • レポート(作文)
  • 実技(エクセルやワードで作ったファイルを提出)
  • ディスカッション(掲示板でのやり取り)

シラバスを見てみよう

どんな授業内容?レポートあるの?は、シラバスを確認しましょう。

私も、各学期が始まる前に、シラバスで授業の内容を確認していますよ!

※左下のシラバス検索ですよ

シラバスでの授業検索については、東京通信大学の生徒用ページにログインしてからのシステムになります。

使い方や授業についても含め、情報となるものを外に出さないために、ここでは画像等では解説いたしません。ご了承ください。

 

通常の授業(授業配信とテストのみ)

シラバスにこんな表示があります。

小テスト50%、単位認定試験50%のノーマルな?授業は、
8回の授業+8回の小テスト+単位認定試験のみとなります。

※1年次、2年次はこちらのスタイルが多いですね。

課題のある授業(授業配信&課題と小テスト)

演習がある場合

この様に、小テストxx%、単位認定試験xx%、レポートxx%となっていたりします。
授業を聞いているだけでは単位は取れないことになります。
※通信制大学=楽ではないようです。

まとめ

  • 1教科につき、「約1時間30分×8回」+「単位認定試験(試験期間中)」がかかります。
  • ある程度消化できれば、全8回が間に合わなくても済む場合も有り
  • シラバスを確認し、授業内容(課題、レポートがあるか?)を確認しよう
  • 1年生は、各学期(4年で卒業を目指す場合)10~12単位いきましょう

今回は以上になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です