【東京通信大学】入学式って何やるの?

こんにちばんは~りょーまです。

今回は、入学式についてお話したいと思います。

残念ながら2020年春入学の生徒の入学式は中止の運びとなりました

入学式の中止、今後のイベントについて

いつ

  • 毎年の恒例は、4月の第1日曜日、13時頃~となっています
  • 事前に参加するかどうかの回答を学校側にする必要があります。
  • ただし、ドタキャンしても問題ありません(学校側も連絡不要と事前アナウンスあり)

参加するメリット・デメリット

コクーンタワー探せるかな?

メリット

  • 校舎に入れる
  • 先生(教授)に会える
  • 同期の学生とも会える

Twitter上で、入学式の前後にコクーンタワーのドトールでお茶しましょう♪の呼びかけが自発的に湧き出します。

1Fにドトールが…

デメリット

  • 通信制なので3箇所(東京・愛知・大阪)の会場に行ける人が限られている
  • メイン会場は東京(新宿コクーンタワー)、他の会場は中継
  • 1時間程度で終わってしまう(行き帰りの時間のほうが長い)
  • 入学生側で特に何かあるわけではない(事前に選ばれた1名が、「入学の言葉」みたいなのを喋ります)
  • youtubeでも後から動画配信されるので、それで十分
  • 東京通信大学の先輩方に会えるわけではない。(先輩方や関連学校の学生がボランティアで案内等をしているかな?という期待はしないほうが良い。)
先輩方との交流について

既に入学している、東京通信大学の学生からは、公開講座等のイベントが有るごとに学校側に「案内係で良いからお手伝いさせて」と、問い合わせをしている方も、何名かいらっしゃるようです。

残念ながら窓口?からは良い返事は返ってこない(「特に募集の予定はない」というような形式的な返答のみ)ようです。
※窓口から学校内部に、「そういう声がった」と情報共有がされているかは不明です。

私は1期生のため、先輩もなにもないのですが、2期生以降の学生は先輩方からの声を少しでも聞きたいと思うものでしょう。
通信制の学校ということで、年代も幅広く、通常は顔を合わせないという特徴もあるため学校側も生徒同士の生の交流という部分には苦労しているようです。(何か動きがあるかというと、そのあたりは見えていませんので、あくまで学生任せなのでしょう)

2018年の入学式はどうだったの?

新宿地下通路からなら、JR新宿駅から濡れずにコクーンタワーまで

日時

2018年4月1日(日)
※2018年は、4/1がちょうど日曜日でした!

会場

各校舎(メインは新宿コクーンタワー

内容(記憶の限り)

  • 入学する学生は受付を済ませ着席
  • ~入学式の開始の時刻~
  • 司会者から開始の挨拶?(特に名前を名乗らない謎の司会者
  • 教授の入場
  • 学長の入場
  • 学長の挨拶(オリエンテーションで見た、「学長からの入学おめでとうの動画」とほぼ同じことを喋っている…
  • 新入生代表の言葉(親子で入学した方が、お言葉を述べておりました)
  • 学長・教授の退場
  • ~入学式の終了~
良かった点
  • 不参加の方も動画配信で後から見ることが可能であった
  • ホール(簡単に言うと、ホール仕様の縦長の教室)に入れる
  • 学校の入口から案内を持った方々が立っているので安心
  • 本人確認やその他相談も少しだけやっていたかも
悪かった点
  • 司会者が特に名乗らなかったので、変な空気のまま入学式が開始される
  • 結局、外部の司会者なのか学校関係者なのか不明だった(恐らく外部の司会者)
  • 今思えば、おじいちゃん教授に案内係(看板持つ係)をさせてたような・・・(式に参加した若手の教授は申し訳無さそうにしていた)
その他
  • 国歌斉唱なし
  • 校歌とか、スローガン的なものも特になし(必要か?と言われると微妙な所)
  • 教授が全員、コクーンタワーにいたのかというと不明。相談会のために、各校舎に散らばっていた?
  • 2019年の入学式は…色々あった(酔っ払って騒いでいる人がいたという噂も…)みたいですよ

まとめ

  • 2020年の入学式は中止
  • 学生側が特に何かをするわけでもないので、参加できない遠方の方も特に問題なし(録画したものが配信されるため)
  • 相談会等では、少し教授と話ができるかも
  • 参加したら、いよいよだな・・・と気合が入ります
  • 一部の大学でよくある、「翌日からもう授業スタート」ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です